松龍寺

松龍寺

広大山高樹院松龍寺は、元和元年(1615年)東漸寺末寺として小山に創建された浄土宗の寺院で、慶安3年(1650年)当地へ引寺し再興されました。

 

本尊は阿弥陀三尊。

 

境内には、松戸宿最初の旗本領主 高木筑後守(たかぎちくごのかみ)の五輪塔墓など松戸宿代々の名主の墓があります。

 

小金牧での鹿狩では八代将軍吉宗など将軍休憩所となり寺勢を誇りましたが、再度の火災で寺を焼失し、山門のみ焼失を逃れ、往時の面影を残しています。


交通

ただいま作成中です。もう少々お待ちください!
館長が居る日

ひみつ堂 Facebook

昭和36年の松戸一・二丁目の地図
松戸宿案内マップ
戸定ヶ丘回廊マップ

松戸文学かるた販売中!

小さな観光案内

リンク

運営者について