浅間神社と極相林

浅間神社と極相林

極相林は、国道6号の小山立体交差の北側、標高28mの独立山丘の山頂部の浅間神社にあります。

 

信仰の山として長い間保護されてきました。

 

森林が形成されるまでには、その内部で、日照・気温・湿度などの自然環境に適応できない樹木の淘汰がすすみ、やがて生育に適した植物のみが層位(高木、亜高木、低木、草本)ごとに定着して、極相林と呼ばれる長期的に安定した森林を形成します。

 

浅間神社の神域一帯はヤブニッケイがほぼ全域に高木として繁茂しており、タブノキ、ツバキ、ムクノキ等の原生林が残っています。


交通

ただいま作成中です。もう少々お待ちください!
館長が居る日

ひみつ堂 Facebook

昭和36年の松戸一・二丁目の地図
松戸宿案内マップ
戸定ヶ丘回廊マップ

松戸文学かるた販売中!

小さな観光案内

リンク

運営者について