宝光院

宝光院

宝光院は真言宗豊山派の寺院で、梅牛山と号し、本尊は不動明王。明治まで宝光院の歴代住職は、別当として御嶽社(祭神は蔵王権現。現在の松戸神社)の護持と管理に努めました。

 

現在の社殿を幕末期に造営した高城義海大僧正は、宝光院で出家し、後に東京の護国寺、奈良の総本山長谷寺(はせでら)や室生寺(むろうじ)の住職を歴任した明治の高僧として著名です。

 

境内には、「四国八十八ヵ所御砂踏み霊場」の他、幕末三剣士の一人で、北辰一刀流を開いた千葉周作の実父 千葉忠左衛門(後に「浦山寿貞」と改名)と、周作の剣の師で義父でもある浅利又七郎の墓があります。若き日の周作は、宝光院の門前に住み、浅利道場で剣の修行に励んだと伝えられています。


交通

ただいま作成中です。もう少々お待ちください!
館長が居る日

ひみつ堂 Facebook

昭和36年の松戸一・二丁目の地図
松戸宿案内マップ
戸定ヶ丘回廊マップ

松戸文学かるた販売中!

小さな観光案内

リンク

運営者について