千葉大園芸学部

100年を超える伝統を持つ千葉大学園芸学部。同学部からは今までに1万余名もの卒業生が巣立ち、国内外の各分野で活躍しています。

 

同学部は明治42年(1909年)に「千葉県立園芸専門学校」として創立され、その後「千葉県立高等園芸学校(大正3年)」、「官立千葉高等園芸学校(昭和4年)」、「千葉農業専門学校(昭和19年)」と改称されました。

 

そのさらに後、昭和24年(1949年)に「国立大学千葉大学園芸学部」となり、平成16年(2004年)には「国立大学法人 千葉大学園芸学部」となりました。


キャンパス内庭園

フランス式庭園

周囲より一段低くすることにより、平坦な場所に造るよりも見晴らしがきく庭園になっています(「沈み込んだ庭園」)。この庭園は軸線を中心に左右対称の構成になっています。

イタリア式庭園

庭園は傾斜がついていて、さらに後方には混ぜ垣(複数の植物が混ざった生け垣)があります。植えられている植物はタギョウショウ(アカマツの品種)など日本のものを用いています。

イギリス風景式庭園

天皇陛下が皇太子時代にイギリス風景式庭園内の畑でサツマイモを収穫されており、2009年の行幸啓の際、その当時の写真を陛下がご覧になって、「印象に残っています」とお話されています。

ロックガーデン

残念ながら割れてしまった部分もありますが、よく見ると石組みの庭園です。
反対側の傾斜の樹林を入ると、弓道場の跡地や防空壕の跡といわれる窪地などがあります。

緑風会館

学生たちが集うキャンパス内にある学食です。
一般の方も入れます!安くて美味しく、学生時代に戻った気分になれる、オススメのスポットです。

 

※お昼の混雑時は学生が優先となります。

100周年記念戸定ケ丘ホール

平成23年10月に千葉大学園芸学部創立100周年の記念事業として完成しました。

交通

ただいま作成中です。もう少々お待ちください!
館長が居る日

ひみつ堂 Facebook

昭和36年の松戸一・二丁目の地図
松戸宿案内マップ
戸定ヶ丘回廊マップ

松戸文学かるた販売中!

小さな観光案内

リンク

運営者について